スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2020.11.18 更新

霧のオーストリア

どーも 団長の佐藤勇一です‥№120


昨夜、子供たちにクラブメールで、早朝5時からの日本代表とメキシコ代表の試合を見てほしい、と連絡をしました。普段はあまり観戦の催促はしないのですが、メキシコ戦は是非ともテレビ観戦をしてもらいたいと前から思っていました。

昨日は完全オフで、おそらく子供たちは、早く勉強を済ませて朝に備えたと思います。前からメキシコ代表の試合を注目してテレビで観戦していました。日本人と体のサイズが同じくらいの選手が多く、それでも日本代表とはまた違ったサッカーを見せてくれるので、学ぶことが多いと思ったからです。

キックオフ・・立ち上がりはメキシコ代表の流れとなりますが、日本代表のミドルシュートが枠をとらえるとその流れが徐々に変わってきます。日本代表のパスが通るようになり、ダイレクトで何度かチャンスをつかみます。メキシコ代表キーパーの落ち着いたプレーに阻まれ前半は0-0のスコアレス。

後半は、守勢に回っていたメキシコ代表が中盤を厚くして、サイドから攻撃をしかけるようになって前半とは全く違ったチームになっています。そして、突然の濃霧に会場が包まれ、試合球もカラーボールに変えられました。

ゴールが生まれたのは、ヒールパスから壁、トーキックと見事な連携得点でした。その後も攻め続けられ、マークが甘くなったところでキーパーと1対1の局面で二点目を決められてしまいます。

日本代表もいろいろな試しを行っていたように思います。ヨーロッパで活躍する若い選手たちには将来を感じさせられる選手がたくさんいました。見ていて大変勉強になりました。練習試合とは言え、攻守の切り替えの早さ、ボールタッチ、体の使い方、試合の流れを読む力、前回書きました目に見えない部分がジーンと感じられる素晴らしい内容のゲームであったと思います。

子供たちは、テレビ観戦で何かを感じとってくれたと思います。

今日からの練習を楽しみにしています。今日も頑張っていきましょう。