スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2022.08.29 更新

メンテナンス・・もう始まっている自然との戦い

どーも 団長の佐藤勇一です‥№396

水田の水も乾燥させる時期、それに伴って稲穂も垂れ下がってきました。心配なのは、台風で、今年は発生が少ないように願っています。

水曜日は、指導者定例打合せ会の後、人工芝室内練習の点検を行う予定です。というのは、もうすでに冬の練習についての準備をしなければなりません。これからの秋の台風シーズンにも備えなくてはなりません。冬季の猛吹雪をいつも想定して、細かなところまで点検して、手直しが必要なところは、早急に対応しなければなりません。

私たち職員は、これまでスポルティフタウンと人工芝室内練習場の整備を手掛けてきました。強風で屋根が吹き飛んだ時も、自力で架け替えたり、子供たちが休憩する場所をつくったり、人工芝を補修したり、様々なことを手掛けてきました。このおかげで、ノウハウも手に入れることができました。今では、メンテナンスはすべてと言ってよいほど、職員の手で解決できるようになっています。

このメンテナンス作業は、ちょっとの油断で「しまった・・」ということになるので、大変重要な作業です。年4回の草刈り、冬の除雪など自然との戦いはもう始まっています。

今日は、久しぶりの八橋SPDFでの練習となります。やらなければならないことがいっぱいですが、そこはこらえて、的を絞った練習をします。初秋の練習を楽しみたいと思います。

子供たちは毎日脱皮しています。今日も頑張っていきましょう。