スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2022.02.05 更新

「立春」とは言うものの・・

どーも 団長の佐藤勇一です‥№308

暦の上では、立春とは言え、春の匂いがなかなか感じられない毎日が続いております。降雪量も例年の2~3倍くらいになっています、連日の除雪作業で、除雪機の安全ピンが4本も飛んでしまうことがあります。毎日、地吹雪の中で生活しているような日々となっています。寒さでパソコンの調子も悪く、ブログ投稿も冬眠状態でしたが、ようやく復旧しました。

秋田県内に1月末に発っしられた小・中学生のスポーツ活動自粛要請も2月6日の期限が、2月20日までの延長となりました。新型コロナウィルスの感染は、さらに猛威を振るっています。最近の感染状況は、小・中学生から就学前の子供や中高年に多くなって、予断を許さない状況です。誰でもが感染するリスクにさらされています。

そんな中、クラブの選手たちも「冬眠中」という状況ですが、個人で練習できる資料をほぼ毎日のように届けています。家の中でできる練習メニューはもちろんのこと、この機会に頭の中を整理して、前進するための情報も盛りだくさんです。頭の中を変えていく、よい方向に考え方を変えて行けるようにすることは、このような長期の休みにこそ、誰でもができる貴重な時間となります。自分でコントロールして練習することは、大変なエネルギーを必要としますが、毎日自分のやることを決めて、挑戦してもらいたいと願っております。

この長期のお休み期間に、体も大きくなって、サッカーも上達して練習に戻ってくる選手がたくさん出てくることを期待しています。