スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2022.04.29 更新

竹材で「東屋」二棟をつくりました

どーも 団長の佐藤勇一です‥№343

GWまでは何とか完成させたいと思っていた「東屋」を指導者が手づくりで完成させました。写真は、クラブFBに登載しましたので、是非ご覧ください。

「東屋」は、暑い太陽から選手や父母のみなさんを守る役割を担っています。なんと二棟もつくりました。材料はスポルティフタウンの竹林からいただいた「竹」を組み込んだもので、屋根はシイタケ栽培用の遮光ネットを利用しています。
一つは、スクールやキッズ~低学年が主にトレーニングするピッチの高地につくりました。これは父母のみなさんが、日焼け防止をしながら、子供たちの練習を高い所から観れるいう場所につくりました。
もう一棟は、主に中学生が練習しているピッチに隣接して、練習の休憩時の暑さを凌(しの)ぐものです。どちらも手づくり、ということで立派なものではありませんが、それなりに手づくりの良さが出ているのでは・・とは、組み立てた指導者の感想です。

今年の暑さは、厳しいと予測しており、できれば、ピッチ正面にある観戦席にも屋根をつけたいと思っています。竹材を吟味した上で、GW開けに施工したいと考えています。施工といえばなんとなく大変のようですが、案外行き当たりばったりの感が否めません。

さて、今日からGWとなります。二日間の指導者会議で日程の調整ができました。子供たちにとって、有意義で楽しい時間になってほしいとの想いで調整しました。

このGWは、頑張り過ぎないように、頑張っていきます。