スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2021.05.22 更新

なんとなく梅雨空・・夏休み特別事業企画の季節

どーも 団長の佐藤勇一です‥№202

なんとなく、一週間があっという間に過ぎて、もう夏休み特別企画事業を企画する時期となりました。例年であれば、「夏休みサッカー教室」や「陶芸教室」、「和紙づくりと工作教室」、「企業見学と遠足」など楽しい夏休みでしたが、新型コロナウィルスの感染で、ここ二年間ほど何もない、いやできない夏休みが続いていました。今年は、なんとか工夫をしながら実現できるように企画を練っていきたいと思っています。

ということで、今年の夏は、近場の高尾山に登山をしてみたい・・、低学年は大森山動物園に遠足に行ってみたい・・、陶芸や和紙漉き教室で夏休みの工作宿題をクリアーしたい・・、雄物川でカヌーをしてみたい・・、合宿をやって水泳も習いたい・・などなどチャレンジしてみたいことがたくさんあります。来週、子供たちにアンケートをとって斬新な企画を提案してもらうことにします。

《金曜日は久々の室内練習場で・・》
昨日の金曜日は、朝からの雨で、久々の人工芝室内練習場で練習を行いました。前半は体幹trainingとliftingを60分第二人工芝室内練習場で行いました。普段使わない筋肉に刺激を与えてやることができたかなぁ・・。その後、第一人工芝室内練習場に移動して、お楽しみ4対4のチャンピオンマッチで汗を流しました。

《週末の運動会》
そんな中で、この週末に「運動会」を行う小学校が何校かあるという事が話題になりました。子供たちの心配は、練習に参加できない、練習・試合着の背番号を決める抽選会に参加できない、ということのようです。練習が終わってからのmeetingで、練習は午前、午後の都合のつく時間に参加してください、背番号の抽選は小学4.5年生の練習は午後からなので、大丈夫です。もし、参加できない選手がいた場合は代理抽選をします、と伝えました。

昨日の日中は、税理事務所の担当者から、令和2年度の決算書を受け取りその説明を受けました。昨年度は、コロナ感染拡大の影響で、一ヶ月間の活動休止、その後も何回か活動休止を余儀なくされ、その期間のクラブ費はいただかなかったので、厳しい状況であった数字が表れています。決算書が出来上がったので、できるだけ早く、理事会を開催して報告、承認をいただくように取り進めます。

なんとなく梅雨空ですが、今日も元気いっぱい頑張っていきましょう。