スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2021.04.29 更新

ゴールディンウィーク初日

どーも 団長の佐藤勇一です‥№182

桜も葉桜となって、いよいよ本格的な山菜のシーズンとなりました。道の駅などには、竹の子、シドケ、こごみ、ニョウ、サシドリなどが並べられています。今年も、私の大好物である「わらびたたき」をもうすぐ食(しょく)せることに、胸を膨らませています。庭にある三本の山椒の木にも緑の新鮮な葉が見られます。不思議なもので、山椒とわらびは連動しています。山椒の葉を見て「そろそろ野山にわらび出てくるなぁ・・」と季節を感じさせられます。毎年「わらびたたき」でご飯を三杯くらいは行けますね。それも毎日でも食べれます。

さて、4月29日はゴールディンウィーク初日。期間中の天気予報では、毎日が雨模様で少し残念です。先日もお知らせしたように、県外の大会、遠征は自粛要請で、すべてキャンセルとなりました。昨日も指導者会議で、ゴールディンウィークの最終日程の詰めを行い、スポルティフタウンと県内での行動を中心に相談し、決定後すぐにメールでクラブ員にお知らせしました。

基本的には、スポルティフタウンで練習が多くなりますが、しっかりとした内容で、子供たちの成長をより促進していきたいと思っています。毎年、指導者は、春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みは大変な忙しさとなり、分刻みで行動しています。それに遠征や大会が入ると一日がほんとうに短く感じます。また、この期間、体験練習に参加する子供たちも多く、しっかりとクラブの活動を見てもらえる時期でもあります。

今日はゴールディンウィーク初日、小学5年生はプレミアリーグU-11一部、小学4年生は象潟日帰り遠征、中学2.3年生は男鹿市でのすぎっちリーグ、試合のない学年は、午後からスポルティフタウンで練習となります。それなりにみんな楽しんでもらいたいと思います。

これから出発ですので、今日はこの辺で失礼します。
コロナ禍で様々な制約もありますが、みなさんも素晴らしいゴールディンウィークをお過ごしください。

今日も一日頑張って行きましょう。