スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2020.08.15 更新

お盆のよもやま話

どーも 団長の佐藤勇一です‥№40

『お盆のよもやま話』
今年は、梅雨明け宣言のないまま、いつの間にか夏になりました。「暑さ寒さも彼岸まで」お盆を過ぎるともう秋風が吹いてくる季節になります。

この季節、野菜や果物がおいしい時期ですが、我が家ではクレオパトラが愛したモロヘイヤ、夕顔、ナス、キュウリ、トマトなどが食卓に並びます。その中でも、紫の真珠・ブルーベリーの収穫ができるようになりました。今年は大粒のものが多く、出始めは生食で、多く収穫できるようになるとジャムに加工しています。

私の一番好きな料理は、ナスを蒸してショウガ醤油で食べる、至ってシンプルなもの。その次が完熟トマトにブルドックソースを付けて食べる、これもシンプルな料理です。夜と昼の気温の寒暖の差が野菜や果物の甘さをさらに引き出してくれます。自給自足の生活は、なかなか難しいですが、できるところから実践しています。「やってやれないことはない・・」をめざして挑戦は続きます。

孫が、「♪大人の階段昇る・・」と歌い始めて、その次が「どうやって・・」と口ずさんでいました。どうやって昇るのか、なかなか面白い替え歌だと思いました。

今朝は、あいにくの雨で、草刈り作業も中止しました。その時間、布団の中で、鈴木一朗選手の高校時代、プロ野球での活躍、池田高校野球部・蔦監督の生い立ちなどユーチューブで見せてもらいました。どちらも心に響いてくるものがありました。

お盆の時間を有意義に過ごしたいと思います。また、新たなアイデアが浮かびました。お盆開けに実行したいと思います。