スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2022.07.19 更新

鳥海山木のおもちゃ美術館

どーも 団長の佐藤勇一です‥№375

昨日の夕方、激戦の地・五戸町で開催された東北大会から秋田に帰ってきました。選手たちの頑張りに拍手を送るとともに、これからさらに成長できる源を大会からいただきました。大会を開催してくださいました関係者の皆様に心から感謝申し上げます。

今日は完全オフとなっています。天候もあまり良くないため、由利本荘市の旧鮎川小学校を利用した「鳥海山木のおもちゃ美術館」を見学に行ってきました。鮎川小学校といえば、その昔、お隣の前郷サッカー少年団が強くて、試合に行くと鮎川サッカー少年団ともよく対戦してもらったものです。話には聞いていましたが、一度見てみたいと前から思っていました。

駐車場に到着すると、小学校の校舎がそのままで綺麗に塗装されて、生き生きした風貌を現しました。なぜ、おもちゃ美術館・・といえば、最近サッカークラブやスクールに年長さんや小学1.2年生の入会が多くなってきているため、遊びの部分、遊びの要素を取り入れるためのヒントを求めての見学でした。

小学校の校舎をそのまま利用しているのですが、教室や体育館であったスペース別にテーマを設定して、子供たちが楽しめるようになっています。「あそびの部屋」「ハイハイ広場」「てづくりこうぼう」「ことも劇場」「もりのあそび場」など多彩です。子供たちが考え、体を動かして、体験できるようになっています。それぞれのコーナーを体験すると、おもしろいアイディアがびっしりと詰まっていました。これからの参考になることがたくさんありました。さて、私たちのクラブでどう展開していくのかを構想する上でじっくり考えて行きたいと思います。

いよいよ明日から練習の再開となります。練習の方法や考え方をさらに変えて行こうと思っています。今、そのことをまとめています。夏休みの練習が楽しみでなりません。今日は早く眠って明日から頑張っていきます。