スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2021.04.16 更新

「苦渋の決断」と「農のある生活」

どーも 団長の佐藤勇一です‥№174

花冷えとでも言うのでしょうか。朝夕の冷え込みで、桜もドライフラワーのように長持ちしています。スポルティフタウンと椿台の桜も七分咲き・・それにしても桜の季節は最高ですね。

昨夜の練習は、中学生とキッズ~小学3年生、木曜サッカースクールの練習でした。私は小学2.3年生を矢作コーチと担当しましたが、久しぶりに見る低学年の選手たちも新顔がたくさんいたことと、みんなレベルを上げているなぁ・・と感じました。隣のピッチでは、中学生が走り込みで、寒さもあって白い息が見えます。すぎっちリーグの開幕も近く、練習も盛り上がっています。練習の始まる前、「まだ今日のように寒い日もあるので、バックに手袋を入れておいてください」とお話しするほど冷え込んだ夕方でした。

さて、昨日は苦渋の決断をいたしました。秋田県スポーツ少年団本部長、秋田県サッカー協会四種委員長からの県内外の移動自粛要請を受けて、ゴールデンウィーク中の二つの県外大会に不参加ということにいたしました。大会主催者に自粛要請の文書の内容を説明して、ご理解をいただきました。

その大会一つは、5月3日~5日まで山形県天童市で開催され、毎年ご招待をいただいていた「べにばな杯少年サッカー大会U-12」です。もう一つは、5月1日~2日まで花巻市スポーツキャンプ村で開催される予定だった花巻少年団主催の「花巻サッカーフェスタ」です。 花巻には、両日5チームが参加をお願いしておりました。どちらも昨年はコロナウィルスの感染拡大で中止となっており、今年こそはと選手たち張り切っていたところでした。ほんとうに残念なことです。そのことを今日の練習時に伝えたいと思っています。

先ほどメールで連絡がありましたが、U-12チームのキャプテン・畠山選手はこの土曜日にお兄さんのいる青森山田-仙台育英のプリンスリーグの応援に行くことになっていましたが、試合が中止になったということです。コロナウィルスの影響がまたあちこちで出てきているようです。

辛いときは、いつも「農のある生活」が癒してくれます。何かを考える時も、農作業のトラクターに乗っている時と車で一人ドライブしている時です。先日は、ニンニクの植え替えを行いました。今日は、午前中にラッキョウを植え替え予定です。いろいろなことが出てきますが、前を向いて前進して行きたいと思います。

今日も一日頑張って行きましょう。