スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2021.03.15 更新

立ち話

どーも 団長の佐藤勇一です‥№155

週末は、忙しい時間を過ごしました。スポルティフタウンを快適に使用するために、土曜日は午前中に小学4年生から中学生まで全選手がグランドの杉の枝の片付け、ゴールネット・防球ネットの張替えなど、子供たちが頑張ってくれました。この日は午後から雨でしたが、試合をしたいということで、小雨の中、チャンピオン大会を行いました。

日曜日は、前日からの雨でしたが、「NHKの天気予報」だけ、10:30頃から曇りという予報だったので、テストマッチを少し遅らせてスポルティフタウンで行いました。予報どおりとなって、これからは「NHKの天気予報」をメイン予報としていこうと思った次第です。午後からは、対戦した同じチームと県立中央公園アリーナに移動して、サッカーに引き続きフットサルの試合となりました。その後もう一つのチームにおいでいただいて、引き続きフットサルゲームを楽しみました。

スポルティフタウンからアリーナに移動して、13:00からの入れ替えの時、若者のフットサルチームの選手から「団長・・」と声を掛けられました。顔を見ても思い出せません。「堀井旺歩です」という。小学生の頃のイメージとは大分違っていて、始めは分かりませんでした。前回書いた十年前の東日本大震災の日に小学5年生で、宮城県に出発するメンバーでした。レフティーの素晴らしい選手で、静岡県で開催された全日本少年サッカー大会でも大活躍をしました。中学年代でJFAアカデミーに所属して、秋田南高校でも活躍しています。現在は秋田大学医学部で勉学に励み、その学部のフットサルチームで活動しています。少しの時間の立ち話でしたが、ブログを見てくれているそうです。妹さんも、中学生までスポルティフ秋田でサッカーをしておりましたので、気になって現況を聞いてみると、国際教養大学に在学して頑張っているとのことでした。

この週末は、三週間ほど前から新しいドリブル練習メニューを考案して徹底的に実施してきた成果を試してみたいという時間でした。どの程度試合に出してもらえるか興味津々でしたが、ある程度のパーフォーマンスが出来ていたように思います。案外、できたことで、安心をしてまた次のメニューに移っていくのがこれまでの私の悪いパターンでしたが、これからはそうしません。もっともっと深めていきたいと思っています。より子供たちのレベルアップができるような練習メニューを考案していきたいと思っています。やるぞー・・。

今日も気持ちを新たに、頑張っていきましょう。