2018.07.17第47回東北地区サッカースポーツ少年団大会・・12月に清水市長杯に出場

うだるような暑さの中、第47回東北地区サッカースポーツ少年団大会が7月15日と16日の両日、山形県総合運動公園サッカー場で開催されました。東北各県を勝ち抜いた12チームが四ブロックに分かれて予選リーグを戦った後、順位トーナメントとなりました。試合はすべて40分です。

スポルティフ秋田U-12は、秋田県第一代表として戦いました。予選リーグは、青森県1位のリベロ津軽と宮城県・七ヶ浜と対戦。無失点で1位トーナメントに進出しました。
準決勝は、地元のやまぼうしと対戦し、決勝戦では会津サントスと前後半2-2のまま延長戦となりました。延長戦前半のキックオフでシュートを打たれ失点、幾つかのチャンスをものできませんでした。選手たちの成長を感じさせる大会となりましたが、「勝ちに不思議な勝ちあり、負けに不思議な負けなし」・・この結果を真摯に受け止めて、楽しい夏休みに突入します。

この結果、今年12月に開催される「清水市長杯・清水チャンピオンズカップ少年サッカー大会」に東北代表として出場することになりました。

【大会の結果】
●予選リーグ
スポルティフ秋田U-12 3―0 リベロ津軽(青森県)

スポルティフ秋田U-12  5―0 七ヶ浜(宮城県)

●1位トーナメント
準決勝
スポルティフ秋田U-12 4―0 やまぼうし(山形県)

決勝戦
スポルティフ秋田U-12  2―2 会津サントス(福島県)
        延長  0―1

 

PAGE TOP