スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

お知らせ

2020.10.25 更新

全日本U-12サッカー選手権秋田県大会三位決定戦・・BB秋田を破り東北大会出場決定

10月25日(日曜日)、仁賀保グリーンフィールドで、第43回全日本少年サッカー大会の決勝トーナメント三位決定戦が11:00キックオフで行われました。
スポルティフ秋田アミーゴスは、ブラウブリッツ秋田U-12と2020フジパンカップ東北大会の出場をかけて戦いました。今日は先発メンバーに6年生の山本蹴矢選手と斉藤吏輝選手を起用してスタートしました。

選手たちは、気力あふれるプレーで0-0で前半を終了。後半に入ると押し込む場面が多くなりました。そして、後半16分、MFの朴智永選手がルーズボールを持ち込み豪快なシュートを決めました。試合はそのまま1-0で終了しました。

この結果、12月12日~13日に宮城県利府市みやぎ生協めぐみ野サッカー場などで開催される「THFAフジパンCUP東北U-12サッカー大会」に出場することとなりました。

この大会では、A、Bチームともたくさんの皆様からご声援をいただきましたことに対して、心から感謝申し上げます。

【スポルティフ秋田アミーゴスの結果】
三位決定戦 スポルティフ秋田U-12 1-0 ブラウブリッツ秋田U-12

得点 36分・・朴智永
先発(交代)
GK 五十嵐
DF 楢岡
DF 七尾
DF 菊地
MF 藤嶋
MF 朴
MF 山本
FW 斉藤吏輝(畠山)