スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2021.08.09 更新

猛暑の中でのTOYOTAジュニアカップ(新人戦)・・牛若丸のような選手たち

どーも 団長の佐藤勇一です‥№239

とにかく暑い日が続いています。あまりの暑さにパソコンと向き合うことが億劫になっていて、数日間blogをお休みさせてもらいました。

先週の練習は、気温が37℃を超える恐れがあったので、通常の日中練習を早朝練習に変更して行いました。練習の始まり部分は小まめに水分補給の時間をとっています。早朝のバス運転と土日のTOYOTAジュニアカップ(秋田県新人戦)があって、生活のリズムが変わった数日でした。というのも、試合が二日間とも試合開始が第一試合で、アップを早朝から行うため早起きして、連日氷の準備、バスの運転とあわただしいものでした。

このTOYOTAジュニアカップは、秋田県内から予選を勝ち抜いた32チームのトーナメント方式で行われています。例年は10月下旬から11上旬にかけて行われていたものが、今年から真夏の開催となりました。1.2回戦の試合時間は30分ですが、準々決勝から試合時間が40分となるこの時期としては大変ハードな試合の連続となりました。

新人チームのU-11は、いつも6年生の胸を借りて切磋琢磨をしています。一人ひとりの選手が個性にあふれて、みんな牛若丸のようなサッカー(トータルsoccer)をしています。毎日のテーマを持っての練習の積み重ねがあって、自分たちで考えて前進する力も兼ね備えています。・・このようなチームが夏休みにまた大きく脱皮しようとしています。

二週間後の大会最終日に向けて、頑張る目標ができました。今日から新しい気持ちで取り組んで行きたいと思います。「やってやれないことはない、やれないところはちょっとの努力・・」
※試合の結果は、「試合結果」に登載しておりますので、ご覧いただければ幸いです。