スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2020.09.07 更新

騙(だま)されたと思って買ったビデオソフト

どーも 団長の佐藤勇一です‥№62

『騙(だま)されたと思って買ったビデオソフト』
また暑い月曜日となりそうです。秋のおいしい果物も出回るようになっています。

今日の練習は、小学3.4年生とサッカースクール、カンガルースクールの日です。月曜日は隔週で小学3.4年生と小学5.6年生・中学生の練習日となっています。

今日の小学3.4年生は、昨日の読売カップで疲れが蓄積しているので、スポルティフタウンの指導者室でVTRやCDを見てもらおうと思っています。このVTRソフトは、私が25年ほど前、町役場に勤務していた頃、仙台市に本社がある大手本屋さんのセールスさんが「このサッカー指導ビデオは買って損はないですよ」と全15巻を紹介され、「騙されたと思って」買ったものです。その金額は当時の月給ぐらいであったと思います。

高価な買い物をしたものの再生の機材がありません。仕方なく、テレビとビデオデッキが一体となったものを購入して、見てみると、なんとも素晴らしいものでした。高価な買い物でしたが、今でも大切に保管しています。

先日の職員研修でもこのビデオを教材の一つとして使用しました。加藤コーチは、「目から鱗(うろこ)」と言っていましたが、それほど刺激を受けるビデオソフトです。今日は、このビデオを見て、子供たちがどんな反応をするのか、楽しみにしています。結果が良ければ、他の学年にも雨の日などの練習メニューとして見せようかなぁ・・と思っています。

さて、今日は「カンガルースクール」も行われます。「カンガルースクール」は、クラブに入団してから三か月間、早くクラブの練習に慣れたり、追い付くための特別レッスンです。もちろん無料で参加できます。従って、サッカークラブに入団するとクラブの練習の他にカンガルースクールで基礎練習を行うことになります。

昨日行われた読売カップU-10でも小学2.3年生もデビューしました。彼らもカンガルースクールに一生懸命参加して、ドリブルに拘ってはつはつとプレーをしていました。うれしいですね・・。

今日も元気に頑張りましょう!