スポルティフ秋田

お問い合わせ・お申し込み

ブログ

2020.08.18 更新

お盆のよもやま話・・③

どーも 団長の佐藤勇一です‥№43

『お盆のよもやま話・・③』
このお盆中、大森山の「夜の動物園」に連れて行ってとせがまれて、ついつい向かってしまいました。あまり人手はないものと、ゆったりした余裕の気持ちで行ったつもりが、なんと車車車人人人で、車の大渋滞と道路沿いに駐車した車でなかなか前にすすみません。🅿はすべて満車、私は予定を変更して、御一行様を降ろし一時間後に迎いに来る約束で、動物園を離れました。コロナウィルスの感染で、行楽に行く場所が動物園に集中したのかもしれません。

テレビのスイッチを入れ、NHKにチャンネルを合わせると、甲子園からの高校野球交流試合が放送されていました。対戦カードは、大阪桐蔭高校と東海大学相模高校の強豪チームが手に汗を握るようなシーソーゲームを展開しています。両チームの選手を見ると、長身で立派な体をしています。それは主力打者だけではなく、ほとんどの選手が切れ目なくパワーがありそうです。それに思い切りの良さ、センスと申し分ありません。このような高校チームを見ると、点差は別として他と大きな差を感じます。各都道府県代表がトーナメントで戦う春・夏甲子園も魅力がありますが、リーグ戦を導入したらもっと野球人気が出てくるのにと感じます。全国を東西に分けて、それぞれ10チームくらいでスーパーリーグを実行したらなんとすばらしいことでしょう。

秋田市内の高校には、まだサッカー部のない高校がいくつかあります。サッカー部をつくれない事情は、グランドがない、指導する先生がいないなど、それぞれあるとは思いますが、中央高校、金足農業高校、秋田北高校には是非ともサッカー部があってほしいものです。女子サッカーも聖霊高校や秋田北高校、秋田南高校、新屋高校などにできたらすばらしいのになぁ。

8月20日から少年団、中学校の部活を再開してもよろしい、というメール連絡が入りました。秋田市立の高校、中学校、スポーツ少年団が8月19日までコロナウィルス感染者の発生で活動を中止していましたが、秋田市内の県立高校にはその要請はなかったという話を聞きました。東北大会などあったためだろうという人もおりますが、難しい複雑な時代になりました。

今日と明日、コロナウィルスの感染者の発生による練習中止を利用して、暑いクラブ事務所で練習再開に向けて職員研修を行っています。今日は先ほど終了しました。その内容は、学年別の練習プログラムの作成です。なんとか予定通り進むことができました。明日は、レベル別のプログラムを作成して、落とし込みの方法まで行うこととしています。

一寸先が見えない昨今、きびしい状況が続いています。