トップページ > スポルティフ秋田とは

スポルティフ秋田とは

「スポルティフ秋田」はサッカークラブを中心とした総合型地域スポーツクラブです。

スポルティフ秋田では

スポルティフ秋田(旧名称:エスポルチ秋田)は、少年サッカークラブを母体に、子供たちが楽しくスポーツに取り組み、市民の皆様に「週に一回はスポーツに親しんでもらえる環境づくり」をめざして、平成18年に立ち上げられた、総合型地域スポーツクラブです。
この度、日本スポーツ振興センターの助成により、クラブ専用グランド「スポルティフタウン」約1万㎡を全面人工芝にする夢が実現することになりました。サッカークラブを中心に、これからも市民の皆様の健康づくりに役立つスポーツプログラムや秋田のスポーツを盛り上げて行くことを目的として、活動をしております。

サッカークラブについて

父母の負担を軽減

父母の会、親の会はありません。
練習や試合会場等への
 送迎はクラブ専用バスで。
各種当番は一切ありません。
酒席はありません。 
※応援はお願いします。

「個人技術」の徹底指導

小中学生年代で最も大切なことは、個の技術を身につけることです。
個で局面を打開できる数々の技術を習得します。
ファンタスティックなサッカーをめざします。

「心」の育成

技術習得と並行して、生活・練習・試合での心の持ち方を醸成します。
立派な社会人になるための心の持ち方などを育成します。

キッズ・低学年からキッチリ指導

これまでの育成経験から小さい年代の充実した
 プログラムを実践します。
小さい年代から楽しく技術指導をキッチリ行います。

安全・安心な環境づくり

スポーツ安全保険への加入
AED装置の設置

>サッカークラブの詳細はこちらをご覧ください

スポーツプログラムについて

スポルティフ秋田では老若男女がスポーツに親しんでいただけるために、サッカークラブ以外のスポーツプログラムも行っております。
スポーツプログラムは季節ごとに変わります。プログラムの内容はこちらのページをご覧ください。

>スポーツプログラムの詳細は
 こちらをご覧ください



スタッフ紹介

クラブ代表・サッカークラブU-12監督

佐藤 勇一

昭和47年にクラブの前身である「川添サッカー少年団」を設立。総合型地域スポーツクラブの必要性を感じクラブを設立。指導経験、実績、アイデアをもとにクラブを運営

統括指導者・サッカークラブU-15監督

佐藤 重幸

川添サッカー少年団、雄和中、経済法科大学附属高校でMFとして活躍し主将をつとめる。J1ジェフ市原で活躍後スポルティフ秋田の専任コーチに就任。

堀井 鏡平 U-14・13指導者 芝  海斗 ゴールキーパー・低学年担当
西村  淳 技術専任コーチ 山崎 友也 3・4年生担当
青山  悟 女子チーム・低学年担当 アリ ワカース 章太 低学年担当
阿部  駿 技術指導担当 櫻庭 七海 女子チーム担当
橋本  貴 ゴールキーパー専任コーチ 高橋 勇太 メディカルスタッフ
嶋津 友貴 5年生担当    
このページの先頭へ HOME